人気ブログランキング |

ブログトップ

桜さんのティータイム

人相は自分の生きかたそのものの表れ?

昨夜から今朝にかけて休みなく雷雨がすさまじかったです。
こんなこと初めて。よほど大気が不安定なんでしょうか。
今日も雲行きが怪しい。部屋は明るさが必要なくらい暗いです。

北京オリンピックが閉幕して既に1週間がたつ。
テレビではメダル優勝者の劇的場面を特集を組んで放映している。
何回見ても飽きることがない。
特にソフトボールの上野投手の心底からの歓喜の叫び、チームの笑顔には
見るたびに涙が出てしまう。
(宇津木元監督の低音?高音?の絶叫も意外に長く耳に残こります)

それは最近、嫌な事件が多いことに関係しているのかもしれない。
一つに拉致され殺害されたNGO「ベシャワール会」の伊藤さん。
アフガニスタンの復興に強力し地元の人たちにも溶け込んでいたとされる
伊藤さんにどうしてこんなことができるのだろう・・・憤りよりも悲しく
虚しさを感じます。
正義が通じない国というより・・・人たちがいるのです。

そんな無償の奉仕で頑張っている人がいれば
それに反して太田農相の経費不明問題。
領収書を両手につかみ得意げな顔でマスコミに釈明していた農相。
でもこの問題は別として彼をテレビで見ていると胡散臭さを感じます。
偉そうなことはいえませんが
生きかたってとても大事・・・彼を見てしみじみ思いました。
by sakura-hana2 | 2008-08-30 12:42 | ひとりごと