人気ブログランキング |

ブログトップ

桜さんのティータイム

ピーターパンのまま逝ってしまったマイケル

突然、逝ってしまったマイケル・ジャクソン。
急遽、TV・ラジオなどで追悼番組が組まれ彼の曲が
流れてきます。
私が好きだったのは作詩曲ともマイケルの
「ビリー・ジーン」でした。
なんと言ったらいいのか・・・どこか人間離れ?してました。
どこか別世界に住んでいるような・・・。
いつのまにか顔色が変わり、「スリラー」あたりの顔が
一番良かったのに整形により痛々しかった。
(バットマン「ダークナイト」のジョーカーに、似ている・・・
 と思ったことがありました)

漠然として彼の歳をとった姿が想像できません。
もう50歳なのに年齢不詳なお姿と声。
実際に彼は心も身体も少年?青年?のままでいたかったのかも。
でも、そんなわけにはいかないし
いくらお金があっても体力はおち、容色は衰えてきて
止めるにも限界が。
かなり無理していたんだと思います。

ある意味・・・彼の死で彼の願いはかなったのかな。
私達の脳裏に彼は永遠に少年?のままで刻まれたのだから。
by sakura-hana2 | 2009-06-30 02:05 | 出来事